A similar controversy surrounds the MLB's all-time single season home run leader and one of the biggest hitter's the sport has ever seen: Barry Bonds. The Yankees' captain was a shining light during a dark time for the franchise. Rizzs: When Edgar hit the double, I took my headphones off because I knew Dave Niehaus, a great storyteller, was going to make the greatest call. You still see "Refuse to Lose" signs in Seattle. Kaat: George Steinbrenner more or less said, "Don't use Wetteland anymore." Cora: Without that '95 team, there wouldn't be baseball right now in Seattle. I went to the ballpark, and he was out there in his T-shirt and his underwear, barefoot on the turf. Cone: Coming off the heels of five straight strikeouts, I've got my second wind, and this just knocked me right out of the saddle. Griffey looks spiffy; percentage junior to none? Honest to god, I thought I saw flame shooting out of his eyes. And I'm thinking, "I don't know if I want the game to end or if I want to be the hero." »• NLCS preview: Dodgers vs. Braves » 619.4k Followers, 1,047 Following, 268 Posts - See Instagram photos and videos from Ken Griffey Jr (@therealkengriffeyjr) Perlozzo: The Kingdome was as loud as any place you've ever been. When does your season start?" We're in the clubhouse, shaking hands, we're pretty down. And they nestled in for the game and immediately became friends with this little guy who was sitting by them.

The Mariners win Game 3 at the Kingdome behind Randy Johnson, then take Game 4 on Edgar Martinez's eighth-inning go-ahead grand slam. And I believed in him. I don't believe it! Jack had great makeup, but he wasn't operating with the same stuff that Jack McDowell had throughout his career. I just wanted to be a part of their life. And any good thing that happened, they would high-five Josh and hug him. By the end of the 1990 campaign, Griffey had been named to his first All-Star Game, won his first Gold Glove Award in center field and hit .300 with 22 homers and 80 RBI. 24 flag in honor of Ken Griffey Jr., hoisted by Mariners teammate Jay Buhner", "Pick a Pair: Hall of Fame Class of 2016 makes draft history", "Family Ties: Griffey Jr.'s Son Drafted by Mariners on Day 3", "Baseball All-Star and Pilot Ken Griffey Jr. Griffey immediately signed a nine-year deal worth $116 million to remain in his hometown for what appeared to be the rest of his career. Born George Kenneth Griffey Jr. on Nov. 21, 1969 in Stan Musial’s hometown of Donora, Pa. – on Musial’s 49th birthday, no less – Griffey grew up in Cincinnati watching his All-Star father, Ken Griffey Sr., patrol the outfield for the Reds. 'Floribama Shore' Fans Are Convinced Jeremiah Is on Steroids After His Blowout With Gus, Luke Sandoe's Friend Says the Bodybuilder Took His Own Life: "He Battled With Demons", Mark McGwire Left MLB to Focus on His Sons’ Careers, A post shared by Ken Griffey Jr (@therealkengriffeyjr), YouTube Bans QAnon Content and Theorists With Updated Policies. Represent the all-time greats and know your purchase plays a part in preserving baseball history. The pressure is on the Yankees and especially Cone, who -- like Showalter, Mattingly and Wade Boggs -- does not have a contract beyond 1995. Tony Fernandez bunts Kelly to second. You'd look at [Johnson's] glove and it seemed like the ball would just disappear in his hand.

I think he's just scared.

He was named the American League’s Most Valuable Player in 1997, totaling an astounding 393 bases while also leading the loop in runs (125) and RBI (147). The #24 refractor appears to be the second most collectible of the three refractors. I ended up being the AL Pitcher of the Month in September. Josh and I looked at each other while the ball was in flight because we knew it was over the fielder's head. It was something special. In the top of the ninth, Tony Fernandez doubles off Charlton, and Randy Velarde walks, bringing the top of the Yankees' order to bat with nobody out. He could identify with them. The injury forced him to miss half the season. So I was playing in and over. Griffey … The mechanical side, I mean. When the series was 2-2 heading into Game 5, he looked me up and down and said, "You better be ready to pitch." And the Mariners still refuse to lose!

I was diagnosed that May with an aneurysm in my axillary artery in my right shoulder.


Bates: Josh was so small and Randy was so big.
Sojo kept running, and he ends up scoring. He came to me [late] in the season and said, "Listen, I may blow my back out tonight, but I'm tired of serving singles to left field. 踵を痛め9月4日を最後にシーズンを終えたが、128試合で打率.301・35本塁打・92打点の好成績を残し、カムバック賞を受賞。オフには背番号を30から息子たちの数と同じ3に変更した。, 2006年開幕前の3月に、第1回WBCのアメリカ代表に選出された[25]。この大会では、優勝こそ果たせなかったが、打率.524・3本塁打・10打点と大活躍し大会のベストナインに選ばれた。, シーズンでは、4月5日に通算本塁打でマントルを抜いたが、8試合に出場した時点で右ひざの故障で約1か月離脱。復帰試合で逆転サヨナラ3ランを飾った。7月に深刻な不振を経験し、9月4日に右足人差し指を脱臼。親指も負傷するが、ホームでの最終試合で代打逆転3ラン本塁打を飾り、通算本塁打でレジー・ジャクソンに並んだ。, 2007年からはライアン・フリールがセンターを守り、ジュニアはライトへ転向した。6月22日のマリナーズ戦で、移籍以来8年ぶりに古巣の本拠地セーフコ・フィールドでプレー。グリフィーが打席に入るとシアトルのファンはスタンディング・オベーションで歓迎し、続くヒットにも大歓声、マリナーズの投手が牽制球を投じるとブーイングが起こるという有様だった。7月11日には通算587号本塁打を放ち、フランク・ロビンソンを抜き、通算本塁打で歴代単独6位となった。, 2008年5月31日に通算599号本塁打を打った後ハンク・アーロンとウィリー・メイズから「野球を楽しんでもっともっと打ち続けなさい」と激励の電話をもらい、ナーバスになっていた気持ちが楽になり[13]、6月9日、フロリダ・マーリンズ戦で右越えに2ランを放ち、史上6人目となる通算600本塁打を達成した。, 2008年は契約最終年であること、ジェイ・ブルースの成長もあり、レッズでのプレイが今シーズン限りとみられるようになった[26]。 7月31日、トレード期限最終日にシカゴ・ホワイトソックスが残りの年俸と来シーズンのオプション破棄代半分を負担し、ニック・マセット、ダニー・リチャー(英語版)との交換トレードが成立。グリフィーは拒否権を行使しなかったため、ホワイトソックスへ移籍した[26][27]。, 移籍後は、8月20日に通算609本目となる本塁打を記録し、通算本塁打で歴代5位のサミー・ソーサに並んだ。9月23日、ミネソタ・ツインズ戦で通算610本目を放ち、歴代単独5位に浮上した。, 2010年は、成績が低迷。その上、試合中に居眠りをしていたと無作法を報道されるなど、試練の続くシーズンとなった[28][29]。同年6月2日に現役引退を発表し、22年間にわたるキャリアに終止符を打った[30]。, 引退後の2011年2月、マリナーズ球団の特別コンサルタントに就任した。同年10月23日、現役時代の活躍が評価され、コミッショナー特別表彰を受賞。その際にMLBコミッショナーのバド・セリグは、「シアトルとシンシナティだけでなく、世界に於ける最高の野球大使です。」とグリフィーを賞賛した。, 2016年1月6日、史上最高得票率の99.3%[31]でアメリカ野球殿堂入りした[32]。史上初のMLBドラフト全体1位指名選手の殿堂入りとなり、同時に殿堂入りしたマイク・ピアッツァとの順位差は歴代の殿堂入り選手の中でも最も開いていた。WBC代表選手の殿堂入りとしても初である。選出されたグリフィーは、「優秀な選手だけが許される中に入ることができて、本当にうれしい。最高の栄誉だ。(得票率が史上最高というのは)衝撃的だし、こんなに獲得できるとは思っていなかった」と喜びのコメントを出した[33]。同日、シアトルのシンボル的建物スペースニードルには、グリフィーの殿堂入りを祝して、マリナーズ時代の背番号『24』のフラッグ(旗)が掲げられた[34]。, また、1月8日に、古巣マリナーズはグリフィーの背番号『24』を永久欠番に指定することを発表した[35]。4月8日、マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの開幕戦となったオークランド・アスレチックス戦の試合前の始球式を務めた[36]。, 1990年代には4度の本塁打王、7度のシルバースラッガー賞を獲得。1997年にはMVPも獲得している。中堅手としての守備もメジャー最高レベルであり、ゴールドグラブ賞を1990年から1999年まで10年連続で受賞。1999年当時に集計されたMLBオールセンチュリー・チームでは、現役選手で唯一選出され、ウィリー・メイズに次ぐオールラウンダーという評価をされていた。マリナーズ時代の監督であるルー・ピネラは「彼は私にとって最高の選手だった」と賛辞を贈っている[37]。しかし長年人工芝の本拠地で走り回っていたため、レッズ移籍後は相次ぐ下半身の重大な故障に苦しみ、走攻守で大きくパフォーマンスが低下してしまった。ホワイトソックス移籍を経てマリナーズへの復帰後は、レッズ時代から慢性的に痛めていた膝の手術を受けたこともあって、主に指名打者として出場していた。, 多くのスラッガーがステロイド剤に手を染め、のちに「ステロイド時代」と呼ばれるようになった時期に、ステロイド疑惑とは無縁のまま、若手時代は人工芝で強打・好守の中堅手として活躍し、30代以降も膝などの故障に苦しみながら600本以上の本塁打を残したグリフィーを賞賛する声は大きい[38]。メジャーリーガーの薬物使用についての暴露本を出版したホセ・カンセコでさえ、「彼のようなクリーンな男はいない」「彼は常にクリーンだった」と褒め称えたほどである[37][39]。, 1990年代のMLBを代表する選手であり、グリフィーに憧れて育った現役メジャーリーガーは非常に多い。特にアフリカ系アメリカ人の選手からの支持は絶大で、CC・サバシア[40]、カーティス・グランダーソン[41]、ミルトン・ブラッドリー[42]、バーノン・ウェルズ[43]、デナード・スパン[44]、アンドリュー・マカッチェン、キャメロン・メイビン[45]らのように、多くの選手がグリフィーに憧れて育ったことを公言している。オーランド・ハドソン曰く、アフリカ系アメリカ人にとって、グリフィーは「野球界のマイケル・ジョーダン」的な存在であるという[46]。, 力感がなく滑らかなスウィングから「MLB史上最も美しいバッティングフォーム」と称され、ナイキのグリフィーJr.シグネチャーモデルシリーズのロゴマークにはグリフィーのバッティングフォームのシルエットが採用されている。, いたずらっ子のようなルックスと気さくな性格で地元シアトルでは絶大な人気を誇る。ホワイトソックス在籍中の2008年後半にESPNが実施した「マリナーズの歴史上で最も偉大な選手は誰?」というアンケート調査においては、2位のエドガー・マルティネス、3位のイチロー、4位のアレックス・ロドリゲス、5位のランディ・ジョンソンらに圧倒的な差を付けて1位に選出された[47]。マリナーズのチャック・アームストロング(英語版)球団社長は、グリフィーの引退の際、「セーフコ・フィールドはグリフィーが建てた家だ。彼は真の意味でこの球団の魂であり、彼の貢献がなければこの球場やチームそのものが存在しなかったのではないか」と語っている[48]。, グリフィーはインタビューにて、「シアトルのファンとの間に特別な関係が生まれたのに気づいたのはいつだったか?」という質問に対し、「19歳の時、自分はまだ若僧で、毎日大勢のファンが応援しに来てくれたが、そのありがたさを理解していなかった。19歳の自分には、子供を連れて野球を見に行く35歳の男性の気持ちなど、分からなかった。だが、それを理解していたチームメートもいて、自分に気付かせてくれた。年を重ねるにつれ、ファンと選手の関係というものも理解できるようになった。長年プレーすると、地元の一員になる。そういうことに気付いたのは20歳か21歳の時だった」と振り返っている[49]。, イチローの憧れの選手として有名である。イチローは1995年オフにテレビ番組の企画でグリフィーと初対面し、2009年にはチームメイトとして憧れのグリフィーと同じユニフォームを着ることになった。イチローは9年連続200安打達成の際のインタビューで、「ジュニアの存在は計り知れない」とグリフィーに感謝を示すと共に、「シアトルの天然記念物に指定すべきだね。みんなで守っていかないといけないと思いますね」と語った[50]。普段からグリフィーとイチローは仲が良く、じゃれ合っている映像がTV放送でよく見られた。また、グリフィーの日課はイチローをくすぐることだという。グリフィー曰く、そうするとヒットをよく打つからであり、2009年のイチローの27試合連続安打のときには毎日くすぐらなければならなかったので大変だったという[51]。, イタズラ好きで、次のような逸話がある。1995年春キャンプにて、ルー・ピネラ監督と打撃練習の際に「ステーキディナー」をご馳走する賭けを行い、ピネラが勝った。するとグリフィーは監督が不在の間に、キャンプ地の監督室に牛1頭を運び込み、放置するという行動を起こした。異臭が充満している監督室に戻ったピネラは地団駄を踏み、帽子を投げ、顔を真っ赤にして悔しがったという[52]。, 性格に関しては2001年にレッズ時代のチームメイトだったポーキー・リースやドミトリー・ヤングに「自己中心的なスター気取りの男」「チームメイトを見下している」と言われたことがある[53](但し2人とも同年限りでレッズを出ることが決まった後にした発言であり、スーパースターであったグリフィーに対するやっかみだったという向きもある)。一方でイチローは、「ジュニアみたいな立場になると、人の気持ちや痛みを感じようとすることは難しい。でも、ジュニアはそれを兼ね備えている。そこに僕は一番感銘を受けた」という旨のことを語っており[54]、グリフィーが引退した際には、「人の心の痛みが良く分かる人だった。僕の中では、守られているという意識がすごく大きかった」と述べている[55]。2005年8月4日のアトランタ・ブレーブス戦の試合中では、6歳の孫と観戦していた観客が急に倒れたため、残された男の子はその後グリフィーの配慮で警備員に付き添われ、レッズのブルペンのベンチで試合を観戦。試合後、グリフィーは男の子を抱きかかえてハイファイブに参加し、他の選手たちと共にグッズを贈った。グリフィーは祖父を心臓発作で亡くしており、「僕たちはプレーしているだけ。彼が経験してきたことには比べ物にならない。あの子を一人ぼっちにしないことが大切だった」とコメントした[56]。, 現役時代、グリフィーはよく笑顔を見せていたが、これについて、「スポーツ選手なら勝ちたい。野球が好きだからやってるのだが、プレーするのは勝つためにだ。だが、簡単なことではない。僕は負けるのが嫌い。負けたくない。負けは受け入れられない。自分の子供たちにも、勝たせてやるのではなく、自分の力で勝てと言っている。僕はよく笑顔を見せる。それで、負けても悔しくないのだろうと勘違いされる。心の中は相手を完全に打ちのめしたいという闘争心でメラメラだが、それは見せたくない。動揺したり、焦りを見せれば、そこにつけ込まれる。だから若い頃から感情は見せないようにしてきた。見せるのは笑顔だけ。笑っていれば、相手も油断する。怒りや動揺を見せれば、相手を調子に乗らせてしまう」と語っており、「球審も同じだ。ストライクの判定に不服を示すと、次に同じボールが来た時もストライクを取られる。平気な素振りを見せれば、ストライクを取られないかもしれない。怒りを人に悟られたくない。何の得にもならないからだ。ただ、勝ちたいという気持ちは最初から変わらない。1試合も負けたくなかった。1打席も負けたくなかった。1球も(打球を)落としたくなかった。1人も走らせたくなかった」と述べている[57]。, 2016年に永久欠番に制定された背番号にちなんで、息子でアメリカンフットボール選手のトレイ・グリフィー(英語版)がその年のMLBドラフトでマリナーズから24巡目で指名された[58]。, 出野哲也「歴史が動いた日 1990.8.31 メジャー史上初父子揃って先発出場」『, 2009年9月23日NHK BS1放送『スポーツ大陸 「イチロー大記録への闘い」』, 2010年1月放送『日本人メジャリーガーの群像 「大記録への道 ~ イチロー 知られざる闘い」』より。, Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars, Baseball Awards Voting for 1989 - Baseball-Reference.com, July 10, 1990 All-Star Game at Wrigley Field Play by Play and Box Score - Baseball-Reference.com, Ken Griffey Home Run Log (Batting) - Baseball-Reference PI, Cincinnati Reds Attendance, Stadiums and Park Factors - Baseball-Reference.com, Griffey moves from Reds to White Sox Cincinnati acquires righty Masset, second baseman Richar. We were all just stunned the way it ended. Playoff bracket, schedule and more », Norm Charlton, Mariners relief pitcher, 1993-97, 2001: We went from being hard-pressed to find 8,000 people in that stadium to other teams that came in during the last month of the season going, "Oh my god, it's hard to play in here." You give yourself an angle so that you can come straight across and go for the tag because your pitcher's usually not going to beat him [to first]. Johnson and McDowell continue into extra innings. Cora: Even in spring training, we were very aware [of the threat that the team might move]. Showalter: Boggs was a great bunter.