Our wealth data indicates income average is $69k. ... Tallahassee (FL) (6) Tampa-St. Petersburg-Clearwater (FL) (12) West Palm Beach-Boca Raton (FL) (1) He was born in the Ponce de Leon housing project in the Belmont Heights section of Tampa, FL… about employment, tenant screening, or any purpose covered by the FCRA. Gary Sheffield in Florida. ゲイリー・アントニアン・シェフィールド(Gary Antonian Sheffield, 1968年11月18日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州タンパ出身の元プロ野球選手(外野手)。愛称はシェフ(Sheff)。, MLBで最多奪三振などのタイトル獲得経験があるドワイト・グッデンの甥にあたる[1]。ユストゥス・シェフィールドとの血縁については、ユストゥス自身が否定している[2]。, 高校時代は投手や三塁手としてプレイ。最終学年には速球が80mph後半に達し、打者としては62打数で打率.500、15本塁打を記録[1]。1986年のMLBドラフトでミルウォーキー・ブルワーズから1巡目(全体6位)に指名を受け入団。同年はルーキーリーグのヘレナ・ブルワーズで57試合に出場し、打率.365の高打率をマークし、71打点はリーグ最多となった[1]。1988年にはAA級とAAA級のトータルで打率.327、28本塁打、119打点を記録し、9月のロースター拡張に伴いメジャー昇格を果たし[1]、9月3日に19歳でメジャーデビュー。, 1992年3月26日にサンディエゴ・パドレスへ移籍し[3]、打率.330を記録して首位打者を獲得。その後1993年6月24日に球団創立1年目のフロリダ・マーリンズに移籍し[3]、9月に4年契約を結んだ[4]。, 1994年、外野手に転向。けがのため、87試合のみの出場になったが、27本塁打を記録。1995年も怪我のため、63試合の出場だったが打率3割2分4厘、16本塁打を記録。1996年は161試合に出場し、球団記録となる42本塁打を記録した。, 1997年は開幕直後の4月2日にメジャー史上最高額となる6年総額6100万ドルで契約延長をし[4]、チームも開幕前にFAで大型補強を行い、アトランタ・ブレーブスに肉薄する力を付けたかと思われた[5]。シェフィールドは前年の半分の21本塁打、71打点と成績を落とし得点力不足の元凶となりジム・リーランド監督を嘆かせ、チームは地区首位のブレーブスの追撃が思うようにできなかった[6]。シェフィールドは「このチームには、もう一人の大砲が必要だ」と責任逃れの発言をしてしまいマスコミから叩かれた[5]。結局、チームはワイルドカードで自身初のポストシーズンに進出し、シェフィールドはワールドチャンピオンとなった。, 1998年5月15日にマイク・ピアッツァらとのトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍[3]。1999年には球団タイとなる43本塁打を記録した。2002年1月15日トレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍[3]。2003年に39本塁打、132打点を記録し、MVPの投票では3位にランクした。10月27日にFA宣言をし、12月19日に3年総額3900万ドルでニューヨーク・ヤンキースへ移籍[3][1]。, 2004年は4月に1本塁打しか放てなかったため、ファンやメディアから長打力欠乏の批判を受け、ステロイド使用をうわさされた[1]。7月、8月の2か月連続で10本塁打を記録するなど復調し、シーズン通算で36本塁打はアレックス・ロドリゲスと共にチーム最多タイとなり、121打点はチーム最多となった[7]。MVPの投票ではブラディミール・ゲレーロに次ぐ自己最高の2位にランクした。, 2005年は34本塁打、123打点を記録し、3年連続で30本塁打、120打点を達成し、シルバースラッガー賞を受賞した。2006年は手首の怪我により長期欠場し、チームとしては松井秀喜の骨折による離脱もありトレードにてボビー・アブレイユを獲得。守備位置が重なるため、復帰したあとは不慣れな一塁を守ることになり不満を言った[8]。プレーオフではスタメンを外され、球団との亀裂は決定的なものになった[8]。, FAになるとライバル球団のボストン・レッドソックスと契約する可能性が高かったため、球団はシェフィールドの守るポジションがないのにもかかわらず、1300万ドルのオプションを行使して契約を延長[9]。そのうえで11月10日にマイナーリーグの投手3人、ハンベルト・サンチェス、ケビン・ウィーラン、アンソニー・クラゲットとの交換トレードで、デトロイト・タイガースへ移籍[3]。タイガースの監督ジム・リーランドと1997年のフロリダ・マーリンズ時代にワールドシリーズを共に制覇し、良好な関係にあるため移籍を了承[9]。そしてほぼ同時に2年2800万ドルで2009年まで契約延長した[8]。, 2007年は主に指名打者として出場。5月から7月の月間打率は3割を上回っていたが[10]、7月下旬に肩を痛め思い切りのいい打撃ができなくなり[11]、8月以降の打率は1割台と低迷した[10]。, 2008年9月8日のオークランド・アスレチックス戦でシェフィールドが放った本塁打は、Baseball Referenceによれば1876年のメジャーリーグ創設以来「250000本目」の本塁打となった。, 2009年はタイガースとの1400万ドルの契約が残っていたが、開幕前に解雇され、その後ニューヨーク・メッツと契約。シェフィールドはドワイト・グッデンがかつて在籍していたためメッツでプレイしたかったという[12]。 This site should not be used to make decisions about employment, tenant screening, or any purpose covered by the FCRA.The records were matched using first and last name only. 61 リバン・ヘルナンデス(シリーズMVP), 監督 31 ロブ・ネン 26 アレックス・アリアス Sheffield was a member of the 1997 World Series Champions Florida Marlins and is the first player to represent five different teams in the All-Star Game. Some young, white, middle-manager's ear Please make your own determination of the relevance of these court records. Sheffield was a first round pick of the Milwaukee Brewers, who selected him sixth overall in the 1986 amateur draft after a standout prep career at Hillsborough High School in Tampa. Spokeo is not a consumer reporting agency as defined That discovery about his real father was so unsettling that he began acting out in angry ways, joining a gang (the "Alley Cats") and earning a reputation for mischief. 03 エドガー・レンテリア 19 ジェフ・コーナイン Gary Antonian Sheffield (born November 18, 1968) is an American former Major League Baseball outfielder who played with eight teams from 1988 to 2009. High School:Hillsborough HS (Tampa, FL) Debut:September 3, 1988(Age 19-290d, by the Fair Credit Reporting Act (FCRA). Allow map scroll Gary Sheffield's House. Gary Antonian Sheffield is the son of Betty Jones and stepdad Harold Jones. 39 ジェイ・パウエル The former MLB outfielder lives here. Gary Antonian Sheffield is the son of Betty Jones and stepdad Harold Jones. Pin. The Registered Agent on file for this company is Sheffield Gary and is located at 3710 West Kennedy Boulevard, Tampa, FL 33609. He did not discover until age 11 that his biological father was someone other than Harold. In the June, 2007 issue of GQ Magazine, Sheffield was quoted as saying that there are more Latin baseball players than Black players because Latinos are easier to control, a comment that was supported by Carlos Guillen.